2011年10月05日

走る男

あの、メールがたまってます。
たまりすぎて返信不可能状態。おてあげです。
これでけっこうメール書くのに時間かかる方なんです。
こんなとこで本当ごめんなさい。
テレパシー送ります。
回線開いといてください。
……いや、本当すみません。

震災って、自分の内面には特に影響なんかなかったと思ってました。
でも、きっとあったんですね。

ずっと外向きだった心が、すっかり内向きに転じています。
いま私が願うことは、ひたすら近しい人の幸せです。

家族、親類、友達、ちょくちょく連絡だけとってる友達、etc…

朝早く起きて、仕事して、家に帰って、子どもらと触れ合って、いっぱい食べて寝るだけの毎日だけど、それはそれで充実しています。

働いてますよ〜。

以前の2〜3倍ご飯食べてるのに、ベルト3回くらい短くしましたから。

仕事は大変です、当たり前だけど。
私がおっちょこちょいなのも手伝って、毎日のようにトラブルが起こるし。
毎日のように怒られて、毎日のように謝って、毎日のようにヘコんで、冷や汗かいて、時間に追われ、荷物につぶされ、仲間にたすけてもらったり、お客さんに励まされたり。

正直、いま演劇はいらないです。
物語は自分のでお腹いっぱい。
私は私を外に向かせないくらい強烈な物語にハマってるんです。

ヘトヘトですけどね。

そんなこんなでものすご早寝早起きで、休みは子どもらにとられ、お金も子どもらにとられ、自分の時間がない私です。
メール、本当ごめんなさい!


posted by 今井哲 at 04:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

『狐のご祝儀 ―ぴりから鰹田麩(かつおでんぶ)』

巷では、プレイ×プレイ プロジェクトが終了して、さぁ「新・幕末純情伝」だぁ!
って、そんなとき、その会場・水戸芸術館近くにある水戸市立中央図書館で……朗読やってます!!



『狐のご祝儀 ―ぴりから鰹田麩(かつおでんぶ)』

作◎高田郁(「八朔の雪 みをつくし料理帖」より)

出演◎中村真実、今井哲

日時◎9月18日午後2時〜

場所◎水戸市大町の市中央図書館

料金◎無料



約2時間フルサイズ(途中休憩15分あり)の大作を、出演者二人でやりきります!

時代劇でグルメもの(!?)

それでいてめっちゃいい話(自分で言っちゃいます)です。

これを見て「新・幕末純情伝」を見るもよし。

「新・幕末純情伝」を見てからこれを見るもよし。

この秋、新しい時代劇(?)の舞台に足を運んでみては。

ご来場、お待ちしてます!

posted by 今井哲 at 22:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

ホープ

ちょっといろいろシャットダウンして、ちょっと試験を受けたりしてました。

なかなか強敵で、けっこうムキになってがんばったんだ。

おかげさまで一発合格!

私が試験を受けた先月中ごろまでは一発合格者は1人しかいなくて、つまり私はその試験始まって以来2人目の一発合格者だったわけです。エヘンエヘン。

そしていま私は晴れて新人くんなんであります。

オジサンの新人くんに周りのみんなはどう接していいやら戸惑いがち。

知ったことかい。

さぁ、私にいろいろ教えろー!



ところで、人が閉じこもっているあいだに水戸はおもしろいことになってますな。

私はまたそれとは別のところにいます。

また朗読に挑戦します。

今度はね、水戸の図書館。

なんと時代劇。

なんと時代劇にしてグルメもの!?

明日から練習開始なんだ。

だけど、正直まだ何もない。

ちょこちょこそんなことをUPしてこと思ってます。



オッサンだって試験に受かったぞ。

本気になってやりゃあ、たいていのことはできる。

がんばれば試験なんて合格するものなのだ!
posted by 今井哲 at 23:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。